前世療法・インナーチャイルド・ハイヤーセルフ・未来世・引寄せ・メンタルブロック解除

感情解放・苦手克服(あがり症・対人関係・不安)願望実現(仕事・恋愛・お金・人間関係)

 シモン☆ヒプノセラピー

セッションメニュー

過去世(前世)

 

日本では、仏教の教えなどから 輪廻転生

(死ぬと魂となり何度も生まれ変わってくること)

が誰しも根付いているようです。

 

 

私たちは 何度も生まれ変わっては

性別・国・境遇・ 環境・出会う人を選んで生まれ変わってきています。

 

そして催眠と潜在意識の関係で書きましたが

潜在意識が過去の記憶を覚えているように、前世の記憶をも覚えていて

その人生で経験した、くせや考え方、痛みや恐怖症などを

今世まで持ち越すことがようです。

 

 

ヒプノセラピーでは、この前世の記憶まで

催眠によって到達し追体験します。

 

 とても不思議なことなのですが、この原因までたどり着き、理解するだけで、

急速にその痛みなどが緩和されることがあるのです。

 

そして、今のあなたが本当に受け入れられないような過去は

潜在意識があなたを守って、経験することはありません。

 

もし、残酷な前世を追体験したとしても、

それはあなたが乗り越えられるくらい強くなっているから出てくると

受け止めることができます。

   

とてもすばらしいお知らせがあります。

 

それは、潜在意識はいつもあなたに寄り添って、

あなたを幸せになるために導いてくれるということです。

 

過去世への退行は、現在のあなたの生活に安らぎという利益をもたらします。

思い出すことによって理解が生まれ、癒しが始まるのです。

 

 

※必ずしもセッションで過去世が感じられないこともあります。

 そのとき必要な場面まで(幼児期やハイヤーセルフ、未来世など)

 に行くときもありますし

 心理的ブロックがあり、催眠状態にならない場合もあります

 

  

初めての前世療法

 

 

私が最初にヒプノセラピーを受けたのは

 

私がなぜか小さなときから持っている「罪悪感」の原因を知りたかったからでした。

 

私は子供のころからイジメラレっ子でした。

そしていじめられても言い返すこともなく

実の母に対して、敬語で話す変な子供でした。

 

いじけて大人になっても人生がうまくいくはずもなく

人間関係も、ギクシャク

こんな男と結婚してもうまく行くはずない!というDV男と結婚。

 

不幸のデパートの様な様々な出来事から

ある大きな責任を負って 身も心もボロボロ、

金銭的にも身動きが取れなくなったとき

 

「何でこんなに自分が背負い込んでしまうのだろう。なぜ人生うまくいかないんだろう」

 

と思ったのがきっかけです。

小さな娘を抱えてがけっぷちでした。

 

世界中に責められているような感覚、罪悪感、

外に出ることもできず、人と接することもできず

 

ひたすら現実逃避、本やスピリチュアルな世界に逃げ込んでいました。

 

その時たまたま出合った飯田史彦氏の「生きがいの創造」から

  前世療法を知り、これかもしれない!!と思ったのがきっかけです。

 

でも、それから初めてセッションを受けるまでに5年もかかりました。

 

セッションまでにも人生色々ありましたが

遅い一歩にも意味がありました。

 

  

初めてのセッションで感じたのは、

 

ドイツの将校だったころの過去世。

 

催眠状態で感じた(私は見えるタイプではありません)のは

丘の上で、草の香のする風が吹く寂しい広い場所。

 

茶色いブーツを履いて、軍服を着て彫りの深い40歳くらいの男性です。

戦争も末期に近づいていました。

当時の私は直接手を下していなかったのですが、

強制収容所でたくさんの人を殺していました。

 

そして天真爛漫な若い妻と、子供たちをとても愛していました。

生活を、家族を守るため役人としての仕事を全うしているだけでした。

 

でも、心では本当に苦しんでいました。

 

こんな仕事をしたくはなかった。たくさんの人を殺している自分を責めていました。

 

病気の年老いた母は、私のことを愛してくれてはいましたが

人間的に公平な人で、

なんであれ、人を殺めてはいけないと思っていました。

 

終戦と同時に私は収容所で、絞首刑か自らなのか首を吊って命を終えました

 

プレハブのような同じ建物、

人は少なく、

ところどころ火が上がっていて

その広場に絞首台があって、そこにぶら下がっているイメージがぱっと目に浮かび

怖くなって、そこからすぐに意識が離れました。

 

そのときの妻が今の娘でした。

今度は、娘として生まれ変わってきてくれたのです。

 そして母は、今の母でした。

 

そしてそのときのメッセージが

 

 人を殺してはいけない。戦争はいけない。  

 もっと別のやり方で家族を愛することもできた。

 

  次は、戦争がない日本に生まれ変わった。

 罪悪感は、過去のもので、いまは乗り越えて人生をすごすことができる。

 いつも見守っている。私とあなたは同じ人だから。

 

 

今でも思い出すと胸が熱くなるのですが

大泣きしたセッションでした。

 

催眠から目覚めるといろいろなことに気づきました。

 

タートルネックが大嫌いだったのは、首を吊った経験からだと言うこと。

戦争映画が怖くてたまらないのに気になったのは、過去世からきていること

母によそよそしかったのは、罪悪感からでした。

そして、娘がまた自分との人生を選んでくれたこと。

 

そして私は一人ではないということ

たましいは何度でも生まれ変わっているということ。

 

それから しばらくすると

罪悪感を感じることは少なくなりました。

 

だって、過去の癖だったのですから。

 

 

いまではずうずうしいくらいで(ごめんなさい)

 

これはひとつの例に過ぎないのですが

 

私はずいぶん生き方が楽になりました。

 

何度も生まれ変わっている人生を経験していることを知ると

生き方が変わってくると思います。

 

すべての人に退行催眠が必要とは思いませんが、 

  私のように生き方も、考え方も変わることもあるそうおもいます。

 

 

 

 

 

 

 

愛知 名古屋 名駅で前世療法なら

シモン☆ヒプノセラピー

 

過去世 未来世 インナーチャイルド ハイヤーセルフ 暗示療法 

催眠療法 退行催眠 催眠セラピー 

米国催眠療法協会(ABH)認定ヒプノセラピスト

  ヒプノエデュケーション協会認定 ヒプノセラピスト