インナーチャイルドの癒しワークショップ

インナーチャイルドの癒しWS

 

あなたの生きづらさは、インナーチャイルドの心の叫びかもしれません。

 

このワークショップはイメージの中でインナーチャイルドの出会い、自分で慰め、慈しむことで自分で自分を癒す方法を学び、ワークにて体験していきます。

 

 

 

 

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

 

・人の目が気になって仕方がない

・自分が愛せないと感じている

・いつも心はもやもやを抱えている

・理由の判らない不安感がある

・人との間に壁があると感じる

・なんとなくいつも生きづらさを感じている

・誰にも言えずに一人で悩んできた

 

 

今までよく頑張られましたね^^

それは、あなたのインナーチャイルドの心の叫びかもしれません。

 

 

 

インナーチャイルドとは「心の中にいる幼い傷ついた子供」を表します。

私たちは、生まれ育った環境の中で、周りの大人の様子を見聞きし、影響を受けながら成長していきます。いい影響も、よくない影響も。スポンジのように柔らかい脳が吸収していくのです。

 

もしかしたら、あなたは幼少期、こんな経験をしていたかもしれません。

 

・両親は喧嘩が多かった

・両親が共働きでいつも一人でいた

・兄弟にいじめられていた

・お母さんやお母さんが、しつけに厳しかった

・妹や弟が生まれたことでお母さんを取られたと感じた

・家族の誰か(または自分)が病気がちだった

 

辛く寂し気持ちを感じ、傷ついたことが

大人になってからの「生きづらさ」に繋がり

何十年経過していても、様々な制限を作っていることもあるのです。

 

 

このワークショップはイメージの中で

インナーチャイルドの出会い、自分で慰め、慈しむことで

 

自分で自分を癒す方法を学び、ワークにて体験していきます。

 

 

 

 

◆こんな方にお勧めです

 

・年齢退行療法を受けたいけど迷っている方

・ヒプノセラピーを体験してみたい方

・インナーチャイルドを癒したい方

 

などにおすすめのワークショップです。

インナーチャイルドは何度受けて効果があります!(^^)!

 

ぜひお待ちしていますね!(^^)!

 

 

 

(注)現在精神科や心療内科にて治療中などの方は、参加できませんのでご了承下さい。

   あくまで体験会です。体験には個人差があります。

   深い悩みをお持ちの方は、個人セッションが効果的です。別途ご相談ください。

 

 

◆当日のスケジュール

 

 ●五感を使ったイメージの仕方の説明

 ●インナーチャイルドとは?

 ●脳と潜在意識との関係

 ●インナーチャイルドの癒しで人生が変容した体験談

 ●インナーチャイルドワークショップ(45分程度)

 ●簡単なシェアタイム

 ●アンケート

 ●閉会

 

 

 

◆日 程

 

2020年10月31日(土)10時~

 

◆時 間:10時~13時ごろまで

 

◆料 金:¥8000

 

定 員:6名

 

◆ツールオンラインツールZOOMにて

 

 

※ZOOMが初めての方は、電話などでレクチャーします。

お気軽にお問い合わせください090-1725-5587(しもん)

 

メモ: * は入力必須項目です

 

 

◆ワークショップまでの流れ。

 

ZOOMは、パソコン・スマホ・タブレッドなどがあれば簡単な操作で繋がることができ自宅で気軽にWSを受けられます。

 

ですが自宅で受ける際には、事前準備が必要です。

以下の流れでのご準備をお願いします。

 

 

 

(予約の流れ)

① まずはメールフォームにてお申込みください。

 

② LINE公式アカウントの登録もお願いします。

 (メール未達の事故を防ぐためご協力ください)

 

③ メールやLINEでお送りするので、ご入金の手続き
 (銀行振り込み又はクレジットカード)でお願いします。

 

④ メールのZOOMのIDとパスワードを送ります。

  開始時間の5分前に入室を(初めての方は早めに)お願いします。

  スマフォやタブレットの方は、ZOOMのアプリを予め入れておいてください。

 

 

 

(事前の準備)

 

① ワークでは、静かでおひとりの時間をご用意ください。

  多少の音は大丈夫です。アロマやお香で部屋の浄化をされると尚いいです。

 

② ヘッドセットかイヤホンをご用意ください。

 

③ お茶や寒くないようにブランケット・毛布などを用意され、

  ソファーや椅子などでお待ちくださいね。

 

④ ご自宅での参加ですが、サロンに起こし頂くように積極的な参加(顔が見える)
  をお願いします。

 

 

※ZOOMに関して、脆弱性を指摘されるようは報道がありました。世界で一日1000万人利用がテレワークの推奨で2億人にまで膨れ上がり、悪用目的での利用する人が出てきたことが理由としてあげられます。ZOOM側の対応としては大幅な仕様変更があり、パスワードの徹底やセキュリティが強化されたことなどで安全のための改善がされました。弊サロンでは以上を踏まえZOOMは安全と判断して当面は利用して参ります。

  

 

 

ご不明な点は、LINEにてお気軽にお問合せくださいませ。

 

友だち追加

登録したらスタンプを押してください


過去に参加された方のお声・アンケート

※当サロンでのアンケートや体験談の掲載は必ず、書面にてご了承いただいたものを、お名前などを伏せてUPさせていただいています。悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

●●ワークの目的を教えてください。

 

なかなか改善されない母親との関係

が少しでも緩まったらいいなと思ったから

 

 

●●気付きを教えてください

 

幼い頃の私は人の感情にとても敏感で、常に自信がなく、不安や怖さを常に持ち緊張していました。それを親や家族に気軽に話したりできずに、大丈夫なしっかり者のふりをして我慢していたことを思い出しました。今となっては、もっと素直に子どもらしく甘えればよかったのにって客観的に思います。8歳の私やその頃の家族の状況からは、甘えることが難しかったのだと思います。潜在意識下で、そんな状況も全てわかっている私が、8歳の私のことをまるごと受け入れ、エネルギー交流して融合して、8歳の私も今の私と同じように元気でエネルギーに満ちた顔つきに変わっていきました。ただ一人でいいから気持ちを理解してくれる存在がいることが、これほどまでに人を安心させて、生きる楽しみや活力を生みだすのだということにとても感動しました。いつでも過去の自分を自分で癒すことができるのですね。周りに求めるのではなくて、もっと自分のことを大切に扱ってあげようと思いました。

 

 

~~~~~~~~~

 

 

●●ワークの目的を教えてください

 

自分を責めないこと

幼い頃から母親から嫌がらせをうけ続け、バカにされ、嫌われるという思い込み、劣等感から楽になり、どう思われるか気にし過ぎることから、解放されて、

気楽に人間関係を楽しめること

人が怖く緊張感がひどく、劣等感から、働きすぎては鬱になる繰り返しをなくし、自分を大事にして、安定した復職ができるようになること、笑顔で居られること

劣等感、見捨てられ恐怖から、嫉妬深く、しがみついたり、相手を責めたり、相手や自分を引き下げるような発言をやめる事、自己犠牲するのやめること、自分を好きになること

求めるのではなく、夫や子供を愛せるようになること。たくさんですね

 

 

●●気付きを教えてください

 

インナーチャイルドワークは苦手でした いつもテレビの砂嵐のような画面を背を向けて見ている3才頃の私が出て来ましたが、抱きしめられるような大人じゃないし無理でした。今回私はその子を楽しく広場に連れ出し、今まで見たくなかった他の年齢の私まで出て来て一緒に過ごしました。黒歴史でしかなかった絶対見たくない過去の私を、コロナの影響で自分と向き合い、色々勉強してひどい家庭で育ったのだから仕方ないって自分を許せ始めたから出てこれるようになったのかなとも思いました。かといって問題が減ったわけでは無いのですが 

 

 

~~~~~~~~~

 

 

●●ワークの目的を教えてください

 

亡き父の自慢の娘でありたいと考えてしまうようで、父から褒められたような事を選択してしまう。

 

●●気付きを教えてください

 

インナーチャイルドが初めてニコニコしていて、確実に色々な事が手放せているんだなと安心しました。今は父の自慢の娘であろうとしても、それはそれでいいんじゃないかな?と、心穏やかに感じる事ができました。また、グループワークのおかげで、他の方の気づきから癒されたり気付かされたり、凄く実のあるワークでした。

 

 

~~~~~~~~~

 

 

●●ワークの目的を教えてください

 

他人に対して心の壁を作ったり、安心して心を開けないのは何故なのか気になったから。片づけるのが苦手で、片づけようとするとやる気がなくなるので改善したいと思ったから。

 

 

●●気付きを教えてください

 

何度もインナーチャイルドを癒して大丈夫と思っていましたが、思い込みの枠を外してインナーチャイルドと共存してそのつど癒しながら寛容に生きようと思いました。 2回目は誘導された草原が柔らかな金色の草原でした。ワークが終わってそこは中間世だったことに気づきました。 物が無くなると大切な人がいなくなるという喪失の悲しみを解放したと同時に亡き家族との再会に悲嘆療法だったことに気づきました。

 

~~~~~~~~~