2014年

4月

15日

№36 恋愛セラピー③「上手くいかなかった理由」

さて、今回は恋愛セラピー③

 「今まで恋愛が上手くいかなかった理由」について

 

前回のおさらい「宇宙エネルギーの法則」とは

・与えたものがかえってくる

・同じエネルギーは惹かれあう

・高いものは、低いものを含む でしたよね

 

これを基本的な捉え方として頭においといてくださいね

 


そして、「今まで上手くいかなかった理由」として

 

  ① あきらめ 
  ② 自分が嫌い 
  ③ ネガティブ感情
  ④ 役割に縛られている
  ⑤ 行動を起こさない

 

う~ん。

 

目的地に行には、現在地を知ること

 

痛い事実は見たくないけど、

現状を知ることは、夢を描くのと同じように大切です。

 

 

① あきらめている・妥協している

心の奥で発している言葉、実はこんな事思っていませんか?

 

「自分にはこの程度がお似合いだ」「年だから」「家柄が」

「才能やとりえが無いから」「誰にもわかってもらえないだろう」

「どうせ私は」「こんな私に」「私なんて」・・っていう、変な言い訳。

 

 

② 自分が嫌い

自分が嫌いな人は、本当の意味で人が好きにはなれません。

 

そしてだまされやすい傾向にもあるようです。優しい言葉をかけてくる人に「判ってくれるのはこの人だけ」と盲目的思い込んでしまい、大怪我する事も。

あなた以上にあなたを好きになってくれる人はいない、と思いましょう。

 

 

③ ネガティブ感情

過去の出来事や感情に捉われている。

 

ネガティブ感情を感じちゃうのは仕方ないけど、長く捉われてしまっている時、本当の自分を生きている状態ではありません。

ネガティブ感情とは、怒り、恐れ、悲しみ、寂しさ、嫉妬、許せない・・など。

その感情って、元彼とか職場の人に対するものだと思っていても、元を探すと両親との関係性だったり、します。

 

 

④ 役割への捉われ

何のために、誰のために恋愛や結婚がしたいの?

 

もしかして親のため、家系を絶やさないためにとか、友達が結婚したから、会社で言われるとか・・それは誰しも多かれ少なかれあるのだけど。

役割に答えよう、周りに順応しようとして、うまく行かない人も結構います。

自分がまず幸せになることが、周りの人を結果的に幸せにすること、まで理解するとすっと出来たりするのだけど。

 

 

⑤ 行動を起こさない

欲しいと思っているくせに、実は何もしていない。

 

誘われても断ったりしていませんか?

行動って誰しもはじめは怖いと感じるものです。それは人間の本能としてある、変化に対する心の反応にすぎません。

新しいことには勇気が必要だと思っているかもしれませんが、

いつもと違う選択をしていみよう、ってだけで軽くなるかも。

 

 

 う~ん、どうですか?

 

今まで相談をうかがった方をククルと、

大体これに当てはまるかしら。

 

それがひとつだったり、全部だったり。考えすぎてドンドン大きくしていたり。

 

次回は「上手くいくために」の話。

 

 

(まとめ)

恋愛を通じて、自分に向き合うってこと