2013年

4月

18日

№11 なぜ輪廻転生するのか

輪廻転生とは死んであの世に行き、

また(何度も)この世に生まれ変わるとことを言います。

 

では、なぜ輪廻転生するのかというと・・

環境も状況も違う人生を歩み、経験を積み、

そこから学ぶ必要があるからだと思うのです。

 

では、何を学ぶかというと結局のところ

ワンネス「繋がり、同一、全てはひとつ」を

思い出すことじゃないかと思っています。

 

その謎は、私が輪廻するときに解けるのでしょうね。

また忘れるのだろうけど。

 

ビックバンから宇宙が創造されたとして(だとしてね)

もともとが何も無い状態から全てがはじまりました。

それは、時間も空間も物質も無い「無」

 

無でもあるけど意思を持っている「無であり有」

 

そこから突然すごい勢いでの分離と拡張が始まり

時間が生まれ、空間が生まれ、

物質が生まれ、生命が生まれ、

人間が生まれました。

 

生と同時に、死もセットに

全てにおいて、表裏一体としました。

陰と陽、光と闇、朝と夜、上と下、男と女、など

 

闇がないと光がわからない様に

理解の為に対極を作ったのです。

 

愛を理解してもらうために、対極の憎しみを作りました

同じようにたくさんの感情を。

 

良くも悪くも 

 無だった時には感じられなかった

 カラダを持ったからこそ

 有限だからこそ感じられる感情

 

喜びも悲しみも、

幸せも孤独も

愛も憎しみも

 

ウキウキしても、ドロドロしても

 

全てを楽しんでいるのかもしれませんね

 

地球に時空を越えて

秘境探索ツアーに行き

コスプレして楽しむようにね

 

現地人との出会いも、恋もあり、道に迷ったり、

怪我したり、パスポート亡くしたり、スリル満点。

 

だから何度も経験したくて輪廻を繰り返す。

 

そして旅行(分離)から家(宇宙)に帰って一家団欒して

「やっぱ家、落ち着くわ」ってなるために

いろんな経験してるんじゃないかと思うのです。

 

全てがひとつなのだと学び、

もう一度ひとつになる為に

輪廻を繰り返しているんじゃないかと思うのです。

 

そう考えると

悩みも苦しみも、今世生まれるときに自分で選んでいるのでしょうね。

 

 

まとめ

 輪廻転生は時空旅行。どうせならめいっぱい楽しみましょう。