2013年

4月

08日

№9 インナーチャイルドの癒し

さて、インナーチャイルドの癒しについて

インナーチャイルドとは、「内なる子供」

 

イメージの中でインナーチャイルドに会いに行ってみましょう。

 

※もし気分が悪くなったら、ゆっくりと深呼吸して中断してくださいね。

 

  それでもネガティブな感情を感じていたら、
  ぜひ1度セッションをお受けになるのをお勧めします。

  癒すタイミングかもしれません。

 

 

この文章を読みながら、イメージをしていきましょう。

 

 

----

 

さあ、ゆっくりと深呼吸をしていきましょう

 

鼻から大きく息を吸って
口からゆっくりと吐き出していきます。

 

呼吸にただ意識を集中していきます。

 

鼻からゆっくり大きく息を吸って
口からゆっくりと吐き出していきます。

 

呼吸にただ意識を集中して

そのまま深呼吸を2~3回繰り返していきます。

 

今、穏やかで心地の良いお花畑の中にいると

イメージしていきましょう。

 

なんとなくで十分です。

 

 

その安全で守られた空間の中で

小さな子供をイメージしていきましょう。


見えていても見えていなくても大丈夫です。

 

どんな姿をしていますか?

どんな表情をしていますか?

どんなことを伝えてきていますか?


ただ、受け止めていきましょう

 

 

そして、今自分の中でどんな感情が沸いているのか

感じていきましょう


そしてねぎらいの言葉、安心できる言葉を掛けてあげましょう

(あなたの思う言葉でも大丈夫です)

 

たとえば・・・
  よくがんばったね
  そのままでいいんだよ
  もう大丈夫だよ

 

そして感謝の言葉をかけましょう

たとえば・・・
  あなたでいてくれてありがとう
  会いにきてくれてありがとう

 


そして抱きしめてもいい?って聞いて
もしOKが出たら、ぎゅっと抱きしめてあげましょう。


思う存分、ぎゅ~っと。

そしてあなたの中にすっと入れて上げましょう。


もし嫌がっていたら、「いいんだよ、ありがとう」と言って
その気持ちをただ、受け止めてあげましょうね。

 

 

最後にそのお花畑も
二人も光で包まれるイメージをしていきましょう。


ゆっくりと光を感じて落ち着いてきたら

 

現実の世界に戻っていきまましょう。


さあ、深呼吸をしていきましょう。

鼻から大きく息を吸って、口から大きく吐き出していきます。


今度は力強く大きく吸って、大きく吐き出して

 

スッキリ爽快、さわやかに目覚めることが出来ます

「さあ、現実の世界に戻ることが出来ました」

 

-----

 

どんなイメージでしたか?

はっきりわかった方も

よくわからなかった方も

もやもやされている方も・・

 

 

過去の感情、出来事が出てきたと感じたら

ただ、受け止めてあげましょう。

 

 

その時は、そうするしかなかった出来事

誰にも話せず、理解もされなかった出来事

つらく、苦しく、屈辱だった出来事

 

 

受け止められるのは世界でただ一人、

あなただけしかいません。

 

 

あなたが自らのインナーチャイルドを受け入れ

話を聞き、寄り添い、理解する時に

 

癒しが始まります。

 

癒しは心だけでなく、

身体に起こっている様々な不調にも効果があります。

 

心と身体は切っても切り離せない存在だからです。

 

そして、魂も・・

 

 

次回からは、魂(前世療法)について書いていきますね~☆

 

 

 

まとめ

 インナーチャイルの癒しとは、受け入れること

 

 

 

受け入れた後は、まだまだ子供なので、

遊んだり、色んなことを教えてあげたり、ぜひ仲良くしてあげてくださいね