2013年

4月

25日

№12 前世からのメッセージ

先日始まった養成講座での出来事

 

自己紹介で

「しもんさんの熱い思いに動かされ、講座を受けました」

と言って下さる方がいました。

 

私ヒプノに関して相当熱いです。

 

ヒプノが大好きで、

今世の使命だと思っています。

 

こんな素晴らしいツールを身に付けられるんだから

みんなセラピストになればいいのにって思っています(本気です)

 

無理やり思っているのではなく、前世からのメッセージが影響しています。

 

前世での償いの意味も含め

今世は大勢の命を救い、輝かせなければならないのです。 

 

何度も語っている事ですが、

私の一つ前の前世はドイツ人将校でした。

 

幼少期からなぜか罪悪感がいっぱいで育った私は

20歳過ぎに子供の時の記憶が一切無い事に気づきました。

 

それからも人生がめちゃくちゃで

2度目の結婚がうまくいかなくなって

やっと、30過ぎてから初めてのセッションを受けました。

 

衝撃でした。

 

そのときの私は

家庭では妻と可愛い子供達に囲まれ、優秀な部下に慕われていましたが

強制収容所の所長として、サインだけで大勢の命を奪っていたのです。

 

セッション後、多くの事に気づきました。

罪悪感の理由、

家族の役割(今の娘がその時の妻でした)

生まれ変った意味。

 

多くの命を殺めたのだから、

今世は人の命を輝かせる事、救う事が絶対的な使命であると

前世からメッセージをもらった気がしました。

 

だからなんとしても成し遂げなければ、と。

 

でも私だけでは微力だ。

セラピストをもっと育成して、癒される人をもっと増やしていこうと

私の先生の森麻里奈と共に「ヒプノエデュケーション協会」をスタートさせました。

 

今では、素敵で優秀なセラピストさんが巣立って行き

いい学びの場ができている事に感謝です。  

 

これは、私のチカラだけでは絶対にありません。

クライアントさんや協会の仲間達、家族や大切な人

みんなが味方してくれて成り立っています。

 

天命を生きるという事は

みんなも一緒に良くなっていくという事だと感じます。

 

 

京セラ創業者の稲盛和夫氏は、松下幸之助氏から学んだそうです。

 

ものすごい願望を持って毎日一歩一歩歩くと何年か先には必ずそうなる。

やろうと思ったり、簡単な方法をおしえて欲しいなどという生半可な考えではなく

「こうでありたい、私はこうしよう」という

強い願望を持つ事が大切で、

達成の手段や方法はおのずと目の前に現れてくる、と。

 

 

セッションではいろんな前世・過去世の人生を追体験し

そのメッセージを受け取ります。

 

そして、私達に突きつけます。

生まれ変ったあなたは、今世どう生きていきますか?と。

 

 

 

まとめ

 前世からのメッセージ=今世の役割を知るということ

 

 

 

これには後日談があります。それはまたこんど。