2013年

5月

02日

№13 前世からのメッセージ2

前回のコラム №12前世からのメッセージでの

後日談があるので書いてみますね

 

本当に不思議なのですが

やはりこれも必然なのですよね。

 

前回の話として

 

 多くの命を殺めたのだから、

 今世は人の命を輝かせる事、救う事が絶対的な使命であると

 前世からメッセージをもらった気がした

 

 

と書きましたが

すぐに救うなんて出来るはずもなく (今でもできませんが)

失敗を繰り返しながら

少しずつ成長をさせて頂いているのですが 

 

ただヒプノが面白くて

サラリーマンと週末セラピストの両輪で

忙しくも充実した毎日を過ごしていました。

 

 

そして1年くらい経った頃、あるクライアントさんから

お茶に誘われたことがありました。

 

普段なら個人的な付き合いは一切しないのだけど

(マメじゃないから)

 

たまたまキャンセルで時間が空いたという理由で

駅のイタリアンレストランでランチをご一緒しました。

 

本当にひょっこりと時間が空き、名古屋にいるし

行こうかな位の感覚で行ったのでした。

 

同い年位なのに、まだ少女のように可愛らしくて

でも現実的な感覚を持つそのクライアントさんとの話は

 

セッション後の変化なども伺えて

楽しく進んでいったのですが・・ 

   

前回の相談で聞いていたのに

セッション中出てこなかった悩みについて・・

 

「そういえば、洞窟のような場所が怖いことの意味 出て来なかったですね~。」

 と話して・・

 

っと大きく彼女は気づいたのです。

 

「わかりました!あれはガス室です。」

   

ちょうどこのレンガ造りのような建物の中で

殺された気がする、と。

 

私は涙が溢れて、激しい罪悪感で胸が苦しくなりました。

「ごめんなさい!!」

 

本当かと頭で考えるよりも早く

感情を抑えられなくなってしまったのです。

 

ガス室で殺した人が、

生まれ変わって、目の前にいるなんて・・

 

自責の念を胸いっぱいに受け止めていると

 

彼女は私の手をとり、伝えてくれたのです。

 

  「もうあなたは許されていますよ」

 

 

それを伝えるために、彼女は役割を担って

今世会いにきてくれたようなのです。

 

人生とは、輪廻転生とは

様々な意味を持って私たちにつき付けるようです。

 

 

許すとは、心の牢獄から抜け出して
自由になる許可を自分に与えるということ・・

 

 

 

罪悪感を超えて、クライアント、自分の人生と

どう向き合っていくかを問われているようでした。

 

 

その後、ドイツ在住の女性もお越しいただいて

セッション中に過去世での繋がりを感じた事もありました。

 

二人ともそれはもう懐かしくて、切なくて

言葉にならないような素敵な出会いでした。

 

 

今世また出会い、心通わすことが出来るなんて

生まれ変わりって本当に素敵ですね。

 

 

まとめ

今世の役割を知る=過去の罪を解放し、学びを生きるということ

 

(私の場合はね)