2013年

6月

06日

№18 高次元の存在「ハイヤーセルフ」

ここでは、「ハイヤーセルフ」について

 

ハイヤーセルフとは高次元の自己と言われるもので

 

前世やインナーチャイルドなどの

個の自分というよりも、全体の自己といった感じでしょうか

 

「全体の自己」ってわかりづらいでしょ。

自分であるのだけど全体を現すもの。

 

自分であり、みんなでもあるというか。

これは体感すると、それそれそんな感じとなるのですが

私の日本語力も乏く表現は非常にあいまいです。

 

さて 、宇宙はビックバンから始まったとして

もともと空の状態(無であり全体)から

 

一気に物質が生まれ、生命が生まれ

転生を繰り返し、分離と融合を経験して、今の私たちがあります。

 

ハイヤーセルフ=高次元の存在とはその大元。

全てでもあり、自分でもあるという存在

 

自分のことを全て知っていて

見守ってくれていて 穏やかに包み込み、

導いてくれる存在でもあります。

 

さて、宇宙とは大いなる愛のエネルギーで出来ています。

 

愛といっても、「情」はないので

これもちょっちニュアンスが伝わりづらいのですが 。

 

人間的は愛とは違うのです。

 

「人間の本質は善・愛である」といわれるのは

宇宙が元々愛で、それが分離して人間があるからなのですね

(書いていて気づきました)

 

さて、セッション中に感じるハイヤーセルフは

形がある場合も、ない場合もあります。

 

 天使や仙人のような象徴的な存在だったり

 大黒様やマリア様のように特定の人物を感じたり

 おじいさんやきれいな女性などの誰でもない人だったり

 

 姿はないけど存在は感じるとか

 エネルギー体のように感じたりとか

 

 知っている亡くなった方に形を変えていたりとか

 みんなそれぞれ。

 

でも、まったく知らない人という感覚ではなく

すでに知っている人。懐かしく、安心できる~って感じます。

 

そしてハイヤーセルフのメッセージには特徴があって

 

大きく、端的で、的確で

穏やかで、慈愛そのもの 

 

前世とか、人間的な誰かって感じより

象徴的な存在からのふか~いお言葉って感じです。

 

それを言葉のように伝えてくれる場合もあれば

ただ、エネルギーとして受け取るときも

微笑みのように感じるときも。

 

今まで様々なメッセージを聞いているのだけど

大体がほぼ同じです。

 

信じること・愛すること・感謝すること・楽しむこと

そのままでいいこと・自分らしくあること・進むこと

大丈夫だということ

 

 

何ででしょう?

きっと誰しも共通するものなのでしょうね。

 

メッセージにより

いつだって見守られていたのだ、という安心感を受け取ります。

 

ありのままの自分でいいのだ、という肯定感を感じ

自分の中から慈しみの心と感謝がおのずと沸いてくるようです。

 

 

このハイヤーセルフ

セッション中にたどり着ける方も、

分からない方もいらっしゃいます。

 

たどり着けない理由に

セッションに慣れていないからの場合もあれば、

必要がない場合も、

ネガティブな想いが遮っている場合もあるようですが

 

メッセージを受け取れるから

良いとか悪いとかではなく

 

日常においても、ありのままの自分を受け入れながら

愛と慈しみ、感謝の心を持って生きていく事が大事で

 

それがハイヤーセルフに繋がった状態なのかもしれませんね。

 

メッセージを受け取ったとしても

それをどう自分なりに生かして

今を自分の足で歩んでいくのかが大事ですしね~

 

 

次回はハイヤーセルフからも少し先(?)の「空」くうの状態

チャネリングになる意識状態について

 

 

まとめ

 ハイヤーセルフ=全体の自己=愛そのもの