2013年

8月

01日

№26 セッション後②「信じて、驕らず」

セッション後に大切にしてほしいこと

今回はその②「信じて、驕らず」について

 

「信じて・驕らず」はマイテーマでもありまするがっ

 

 

前回の ②「受け止めましょう」で、

セッションの内容を受け止めて、

生かすことの大切さを伝えたのですが

 

同じことのようですが、やっぱり「信じること」が大切です

 

なぜなら

信じることで、癒しは更にもたらされ持続するから

信じることで、あなたの中に或る

内なる力を信じることになるからです

 

さて、アスリートやプロスポーツの世界よく使われる「ゾーン」という意識状態。

ここに入りながらプレイすると

最高のパフォーマンスを導き出せるといわれています。

 

 

「ゾーン」にはいると

意識が完全に今ここにあり、周りが気にならず、

全体を俯瞰しつつも細かいところまで見えていて

心と身体が一致し

しなやかに、最大限の能力を発揮できるようですが

 

ここで大事な事はやっぱり「信じること」のようです。

 

訓練することで意識的に入れるようになるようですが

知らずに「ゾーン」に入って、調子がよく負ける気がしなくても

 

周りの人の意見に対して

 「まぐれですよ、たまたまですから」

 

などと返したりすると

潜在意識はとたんに「ゾーン」から

 

「まぐれ、たまたま」にシフトして

普段の意識状態に戻るようです。

 

それではもったいない

 

なのでいい状態を維持するためにも「信じること」

 

抵抗のある方は 

 「信じてみる」

 「信じることにする」

 

に言い換えると、もっと受け取りやすいかもしれませんね。

 

 

そして、もうひとつ「驕らない事」

 

時々、セッションにより

いろんな能力が開花する方がいらっしゃいます。

 

色々と解かるようになったり、情報やメッセージが入ってくるようになったり

パ~ッと新しい人生の扉が開く方もいらっしゃいます。

 

そこから素敵に自分らしい人生を歩んでいる方も

実際にいらっしゃるのですが・・

 

謙虚に受け止めて、自分と対峙しながら

現実的に行動を起こすことが大切です。

 

メッセージや、新しい能力を信じることはとても大切ですが

過信しすぎず、あくまでも冷静に「驕らない事」

 

 

もしその能力を生かすなら

ちゃんと訓練を受け、しっかりと学び

本当に人のためになっているのかにいつも立ち戻りながら

していくことが大事です。

 

浮いちゃって行動を起こすと、

ちゃんと地に足がつくような出来事が起きて

それが人によっては病気だったり、事故だったりなので

驕ると結局自分が損なのですよね~

 

人生うまくできているものです。

 

だから驕っちゃかんのです!! → わたしへ (ハイ、気をつけます)

 

 

まとめ

 信じるけど過信せず、認めるけど驕らず・・結局、フラットが大事なのですよね。